スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンクロ



水中練習の前には約1時間
ストレッチや筋トレ、柔軟をします




これは背筋トレーニング


この状態から







起き上がります!!

結構きついトレーニングです


こちらも背筋

この状態でキープ!!!!





いい笑顔




シンクロの演技中は
辛くても笑顔で審判にアピールしなければいけません

笑顔で練習することは大切ですね!








最後に水中


息を堪える練習です

ただ息を止めるのではなく
脚や手を動かしながらでも
長く息を止めていなければなりません







明日もがんばりましょう


スポンサーサイト
コメント

息を堪える練習

こんにちは。
息を堪える練習の記事がありまして、気になりましたので投稿してみました。
以前、シンクロの選手がどんなに苦しくても
途中で顔を上げる事が出来ないとおっしゃっていました。
どこまで息を我慢出来るかではなく
許可があるまではずっと息を止め続けなければならないニュアンスで
練習中に失神する人もいるとの事でしたが、
シンクロの練習ではそこまで苦しい息止めが繰り返し行われるのでしょうか?

Re: 息を堪える練習

コメントありがとうございます。
失神するほどではないですが、
演技を泳ぎきるために何種類か
息堪えの練習を取り入れています。

No title

返信ありがとうございます。
失神に関しましてはオリンピックに出るような方の発言でしたので
レベルが違うとは思いますが、
途中で顔を上げられない競技という事でしたので、
例えば決められた時間潜り続けるとか
時間は決まっていなくても許可が出るまで潜っていなければならないなどの方法で
どんなに苦しくても息を我慢しなければいけないという練習を行っていたりするのでしょうか?

Re: No title

競泳の練習で、「25m息をしないで泳がなければいけない」というのはあります。
これは距離が決められているので苦しくても我慢しなければいけないですが、途中で息をしてしまう選手もいます。

我慢・苦しさ

ノーブレや潜水で25mを行っているのですね。
倒立でスカーリングしながら決められた時間キープし続けるとか、
そういった(いかにもシンクロらしい?)練習での息堪え練習はどうなのでしょうか?
あと、そんなに苦しくない時間を伸ばすだけでなく、
普通ではなかなか我慢出来ないようなかなり苦しい状態になっても、
それでも更に息を我慢し続ける忍耐力もシンクロを続ける上では
当然の事として要求されるものなのでしょうか?

Re: 我慢・苦しさ

そのような忍耐力も必要になります。
あと、倒立姿勢で決められた時間キープする練習もあります。

忍耐力

質問が続いてしまい、すみません。
倒立姿勢の時は、長い時ではどのくらいの時間キープするものなのでしょうか?
また、途中で息をする選手もいるとの事ですが、
なかなか我慢出来ない選手などの場合などは
忍耐力を養って潜水時間を達成させるために、柔軟の時のように
決められた時間になるまで上から押さえるなどして
強制的に潜らせるような事もあるのでしょうか?

Re: 忍耐力

上から押さえつけて強制することはありません。どのスポーツにおいても自分に勝つことが大事です。それぞれが目標を決めて練習します。例えば倒立練習では、手を20かき以上、30かき以上というように個々で決めています。守れていない選手には、自分の目標を再確認させることが多いと思います。

息堪えについて

普通では我慢出来ないような苦しさでも更に我慢し続ける忍耐力が必要との事でしたが、
息堪えの練習でそのような忍耐力が培われてレベルもある程度になりましたら、
フィギュアや演技の構成によっては
やはり練習の度にそれだけ苦しい息堪えをするという事になるのでしょうか?
そこまでの忍耐力がついたら、
不調などでいつも以上に苦しくなったとしても途中で顔を上げる事なくやりきれていますか?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。